JBA

JBA

現地レポート

桜咲き、さくらが散って、ひまわりの時代へ RSS

2014年12月28日 17時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウインターカップ2014の女王は、愛知・桜花学園に決まった。序盤からペースを掴むと、終盤に追い上げられたものの、巧みなゲームコントロールで千葉・昭和学院を【72-67】で破った。これでウインターカップは3年連続の優勝で、高校総体、国体と合わせると2年連続の「高校3冠」となる。

敗れた昭和学院はエース・#12赤穂 さくらが19得点を挙げたが、得点ほどのインパクトを与えることはできなかった。桜花学園が徹底したディフェンスで赤穂 さくらを守ったことが最大の要因だが、昭和学院のアウトサイド陣もうまくボールを入れることができなかった。チームを率いる鈴木 親光コーチも「赤穂さくらで攻めたかったのですが、桜花学園のディフェンスにアジャストされて、ボールが入らなかったことが敗因の一つです」と認めている。

体を張り続けた千葉・昭和学院⑫赤穂 さくら

体を張り続けた千葉・昭和学院⑫赤穂 さくら

特に第3ピリオド、桜花学園の1年生センター#15馬瓜ステファニーがファウルトラブルに陥ったときに、得点を伸ばすことができなかった。鈴木コーチも「ウチの習性として、困ったときに『さくら頼み』になってしまう。それでも無理やりボールを入れようとして、外回りの足が止まってしまった」と悔やむ。
赤穂さくら本人も「あの場面は攻めたくて、攻めたくてしょうがなかった」と振り返る。
「でも桜花学園のディフェンスが上手で、アウトサイドの選手にプレッシャーをかけてきたので、自分が外でつないでしまった」
終盤の猛追を考えれば、あの第3ピリオドの約4分が、最終的な勝敗を分けたといってもいい。

それでも#12赤穂 さくらは3年間で大きく成長した。今年度はアジア競技大会の女子日本代表チームにも選ばれ、今日の決勝戦では3Pシュートも決めている。桜花学園のディフェンスにフラストレーションを溜め、冷静さを欠いたことは、この次のステージでクリアにしていけばいい。

高校で優勝できなかった悔しさは、妹のひまわりが引き継ぐ。

姉・さくらの思いは、妹のひまわり(写真左)が引き継ぐ

姉・さくらの思いは、妹のひまわり(写真左)が引き継ぐ

さくらはひまわりについて、「来年はひまわりがエースになると思うけど、気負いすぎずに自分のプレイをしてほしいです。私は今日の決勝戦で気負いすぎてしまったので…」と笑顔でエールを送る。
それを受けるひまわりは、さくらから「大事なところは自分で決めきるという気持ちを学びました」と言う。姉同様、早い段階から年代別の日本代表に入り、海外遠征なども経験している。鈴木コーチも日ごと成長するひまわりに目を見張るほどだ。
今日の決勝戦では、こちらも姉同様、桜花学園のディフェンスに感情をうまくコントロールできなかったが、それを高校時代に克服できれば、姉を越えることも十分に可能である。

愛知の桜は今冬も咲いたが、千葉の桜はついに咲くことがなかった。しかしまだ、千葉にはひまわりの芽が残されている。

[ 記事URL ]