JBA

JBA

現地レポート

JX-ENEOSウインターカップ2014 総括 ~はじまりの合図~ RSS

2014年12月30日 17時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JX-ENEOSウインターカップ2014の閉幕から一夜明け、新聞、インターネット、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを見て、改めて熱い決勝戦だった感じている人も多くはないのだろうか。しかし決勝戦だけではない。3位決定戦も十分に見ごたえのあるゲームで、それ以前の6日間にもそれぞれに素晴らしいドラマを生み出していた。

宮城・明成⑧八村 塁(写真右)と、福岡・福岡大学附属大濠⑧牧 隼利(写真中央)のライバルストーリーは続く

宮城・明成⑧八村 塁(写真右)と、福岡・福岡大学附属大濠⑧牧 隼利(写真中央)のライバルストーリーは続く

男子決勝戦の最後、福岡大学附属大濠の#8牧 隼利がダンクシュートへ行くのを、明成のエース#8八村 塁がブロック。多くの観客に包まれた東京体育館は歓声が湧き上がり、鳥肌が立った場面だ。

そのシーンを当人たちに振り返ってもらうと、同点の場面でダンクシュートを狙った牧はこう言っている。
「上からたたき込むつもりでダンクを狙ったのですが、塁にブロックされてしまって…それまでは塁の上を超すようなシュートを打ってきましたが、あの場面ではそれをやるつもりはありませんでした。ブロックされましたが、その判断に悔いはありません。塁を超えなければ日本一はありませんから」
そう熱く語る牧に対して、八村は冷静だった。
「それまでヘッジディフェンスをしていたので、あの場面は牧が攻めてくるだろうと思っていました。シュートに持ち込む姿勢がそれまでと少し違っていたので、浮かすシュートではないと思って、いつもより高く飛んでブロックをしました」
牧の熱さが八村の冷静さに敗れた、と言うつもりはない。2人の勝利に向かう本気さは、熱や冷静といったものを超えた、最高の瞬間を生み出したのだ。
しかも2人はともに2年生である。このライバルストーリーはもう1年続くわけで、楽しみである。

1年次から主力として活躍した愛媛・聖カタリナ女子⑥木村 珠貴

1年次から主力として活躍した愛媛・聖カタリナ女子⑥木村 珠貴

楽しみなのは下級生の今後だけではない。3年生もまた、今大会を通過点にして、次のステージに向かう。
女子の3位に終わった愛媛・聖カタリナ女子の#6木村 珠貴は関東の大学に進学する予定だ。
「将来は指導者になりたいので、大学の4年間でそうした知識を蓄えたい。そして、もし誘いがあれば、Wリーグでもプレイしたい」
高校3年間をともにチームの主力として過ごした#5曽我部 奈央、#7篠原 華実は一足先にWリーグに進むそうだ。
「これまで言い合いをするなど衝突もありました。でも刺激し合って成長してきた」という2人とは別の道を歩むことになるが、5年後にまた同じ舞台でプレイできる可能性は十分にある。その道は決して遠まわりではない。

チームに熱さを伝え続けた千葉・船橋市立船橋⑦青木 太一

チームに熱さを伝え続けた千葉・船橋市立船橋⑦青木 太一

同じく男子の3位に終わった千葉・船橋市立船橋の#7青木 太一もまた、関東大学1部に属する大学に進学をするそうだ。
「大学ではポジションが上がると思うので、まずはアウトサイドのプレイをもっと覚えなければいけません。でも飛び込みリバウンドの姿勢は変えずに、チームの起爆剤になれるように頑張ります。そしてできればトップリーグでプレイし、日本代表にも入れたらいいですね」
185センチという上背は決して大きくない。トップリーグや日本代表でいえばポイントガードクラスの身長である。ただ彼のようなフィジカルコンタクトをいとわない選手は、アジアをはじめとした国際大会で日本に必要不可欠な存在である。彼の成長にも期待したい。

むろん木村や青木だけではない。JX-ENEOSウインターカップ2014に出場した選手はこの経験を糧に、出場できなかった選手はその悔しさをバネに、さらなるステップアップを図ってほしい。
ウインターカップ終了のブザーは、はじまりの合図である。

[ 記事URL ]