JBA

JBA



試合日程・結果

男子1回戦尽誠学園 vs 藤枝明誠

試合データ

開催場所 東京体育館A コミッショナー
試合区分 男子1回戦 主審 佐藤 匠
開催期日 2014年12月24日 副審 久保田 哲司
開始時間/終了時間 18:30 / 19:54

ゲームレポート

尽誠学園
69 14 1st 22 65 藤枝明誠
19 2nd 15
20 3rd 19
16 4th 9

 実力校同士の初戦、尽誠がティプオフされたボールを#6前山が拾いレイアップシュートを決めて先制。すかさず藤枝#4角野がバスケットボールカウントでやり返す。その後は両者堅さが見られなかなかゴールが奪えないが、お互い3Pを決め合い徐々に堅さがとれてきた。残り2分26秒、藤枝#4果敢にドライブを仕掛けるが尽誠の堅い守備に会いチャージングを取られる。その後も一進一退の攻防が続くも藤枝#6宮越が3Pを決めて第1ピリオド14-22藤枝リードで終了。  第2ピリオド開始早々尽誠#4高橋がスティールから速攻、藤枝#4がシュートブロックに行くもファールになり2回目。フリースローもきっちり決めて試合が動き出す。その後お互い3Pを決め合い譲らない。藤枝#4がベンチに下がると尽誠は堅い守りから速攻やミドルシュートで対抗し、1点差の凌ぎ合いの様相になる。藤枝#14阿部、#6のたて続けのドライブインが決まり5点差、尽誠#8リンダーの3Pで離されまいと食らいついていく。藤枝エンドスローインから#6がゴール下のシュートを決めて33-37、藤枝4点リードで前半を終了する。  第3ピリオド尽誠#11小谷のミドルシュートで先に点を奪うも、藤枝も負けずに#14のパーワーステップシュートで反撃。その後高さに勝る藤枝がゴール下のシュート決めて10点差、3Pを入れられて13点リードされた尽誠たまらずタイムアウト。その後も凌ぎ合いが続くが離されまいと踏ん張る尽誠が#11の3P、#14濱田のドライブから#6に合わせて10点の差で食らいついていく。尽誠、スティールからの速攻で5点差まで詰めると藤枝タイムアウト。その後も尽誠がミドルシュートを決めて3点差で最終ピリオドへ。  第4ピリオド初めに点数を決めたのは、ゴール下でファウルを貰った藤枝#4。尽誠もフリースローを得て1本決めて4点差。藤枝外角からのシュートが落ちるもリバウンドからのセカンドチャンスで加点する。尽誠も#15若狭の3Pで再び2点差まで詰め寄る。残り4分1ゴール差の大接戦となる。尽誠#4のドライブインで同点、たまらず藤枝タイムアウト。残り3分10秒。お互い譲らず点数を与えない。先に決めたのは藤枝#6、尽誠タイムアウト、残り1分06秒。落ちたシュートをリバウンドで拾った尽誠、#4のドライブインでゴール。藤枝タイムアウト後のカウント1シュートのフリースローを#4が決めて逆転。再び藤枝の攻撃を凌いだ尽誠。#4のドライブインに再び藤枝ファウル、2本とも落とすが、その後の藤枝の攻撃を三度凌ぎ、最後は尽誠の#11にフリースローを与えてしまい万事休す。尽誠が最後の勝負所を集中して藤枝の猛攻を凌ぎ69-65の4点差で勝利を物にした。素晴らしい集中力であった。


試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。