JBA

JBA



試合日程・結果

男子2回戦県立岐阜農林 vs 県立能代工業

試合データ

開催場所 東京体育館A コミッショナー
試合区分 男子2回戦 主審 向井 和宏
開催期日 2014年12月25日 副審 渡邉 浩二
開始時間/終了時間 12:13 / 13:31

ゲームレポート

県立岐阜農林
66 15 1st 19 77 県立能代工業
17 2nd 18
14 3rd 24
20 4th 16

  1回戦九州学院に勝利した能代工業と、3年ぶり24回目出場の岐阜農林との伝統校同士の一戦。
   第1ピリオド、岐阜農林マンツーマンディフェンス、能代工業オールコートマンツーマンディフェンスでスタート。能代工業は#4長谷川の3P、#8幸崎、#10斉藤のゴール下、#4の連続得点で波に乗る。残り6:57、岐阜農林たまらずタイムアウト。その後、#5野原のドライブで入れ返すが、能代工業は#9小室のドライブ、#10のリバウンドシュートとリズムよく得点していく。岐阜農林は#5,#6高木の3Pで立て直し、19-15で能代工業4点リードで終了。
   第2ピリオド、お互い開始から激しい攻防が続き、ついに岐阜農林が残り5:45に同点に追いつく。しかしすぐさま、能代工業#10のミドルシュート、#4のドライブ、速攻で得点を重ねる。31-25能代工業6点リードしたところで岐阜農林は2回目のタイムアウト。突き放したい能代工業だが、岐阜農林も入れ返す展開。終了間際に岐阜農林#4の3Pで37-32能代工業がリードして前半が終了。
 第 3ピリオド、岐阜農林の速攻からの得点でスタート。#4松岡のジャンプシュートで1点差に追いつく。しかし能代#9ドライブ、#8スティールからの速攻、#10のリバウンドシュートと逆転はさせない。岐阜農林#5のバスケットカウントで5点差に縮めるが、能代工業#10、#9のジャンプシュートで入れ返し、点差を9点に広げる。残り3:00、岐阜農林後半1回目のタイムアウト。能代工業はディフェンスをゾーンに変え突き放しにかかる。その後も流れは変わらず、能代#7渡邊ドライブ、#10ゴール下、#9バスケットカウントで得点を重ねる。61-46能代工業15点リードで第3ピリオド終了。
  第4ピリオド、岐阜農林#6バスケットカウント、3Pで点差を縮める。一方能代工業は今一つシュートが決まらない展開。4:51逆転のきっかけを作りたい岐阜農林は2回目のタイムアウト。その後、フリースローを貰い2本とも決めて7点差とするが能代工業#8のドライブ、スクープシュートで69-58と11点差とする。残り2:32岐阜農林3回目のタイムアウト。岐阜#5の3Pで8点差としてディフェンスでプレッシャーをかける。最後に粘りを見せるが、能代工業も落ち着いて得点し、77-66で勝利し2回戦にコマを進めた。敗れた岐阜農林であったが、終盤の粘りは見事であった。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。