JBA

JBA



試合日程・結果

男子2回戦帝京長岡 vs 正智深谷

試合データ

開催場所 東京体育館C コミッショナー
試合区分 男子2回戦 主審 長尾 繁徳
開催期日 2014年12月25日 副審 塩谷 禎
開始時間/終了時間 12:21 / 13:36

ゲームレポート

帝京長岡
99 19 1st 14 75 正智深谷
22 2nd 15
30 3rd 19
28 4th 27

 第1ピリオド 両チームマンツーマンでスタート。帝京長岡はインサイド#14タヒロウにボールを集め、得点を重ねる。一方、正智深谷は#6奥住の連続ゴールで追いかける。正智深谷はアウトサイドのシュートで攻めるが、なかなか得点できない。5分、ようやく#8村上シュートで逆転するが、再び#14のゴール下シュートで帝京長岡が逆転。#6広井の3Pなどで引き離し19-14帝京長岡リードで終了。
 第2ピリオド 正智深谷は積極的にアウトサイドのシュートを狙い、#14中島の3Pで同点とするが、帝京長岡は、あわてず#14の高さを生かしリードする。3分、27-21となったところで正智深谷がタイムアウト。正智深谷は変わらず、アウトサイドのシュートを狙うが、決まらず、逆に帝京長岡にディフェンスリバウンドから速攻を出されリードを広げられてしまう。6分、この間無得点の正智深谷は35-21でタイムアウト。正智深谷は#4波多などのシュートで反撃するが、41-29帝京長岡が12点リードで前半終了。
 第3ピリオド 帝京長岡は#14のインサイドでの巧みなポジション取りからのシュートでリードを広げていく。正智深谷は#8、#13の3Pなどで徐々に本来のリズムを取り戻しかける。7分、61-44となって、このゲーム初めて帝京長岡がタイムアウト。正智深谷はゾーンにするも、インサイドを守りきれず、71-48帝京長岡リードで第3ピリオド終了。
 第4ピリオド 正智深谷はフルコートプレスを仕掛け、反撃開始。オフェンスの動きも良くなり、#8村上、#6の3Pなどで点差を詰める。3分、79-57となり正智深谷がタイムアウト。4分、81-61さらに点差が縮まったところで今度は帝京長岡がタイムアウト。終盤にきて、目まぐるしくベンチが動く。正智深谷は#8が3Pを決めるが、単発にとどまり、逆に帝京長岡にプレスをかわされ、簡単に得点を許してしまう。6分、91-64で正智深谷がタイムアウト。7分、帝京長岡は、得点源の#14を交代させる余裕を見せる。8分、97-70で正智深谷が最後のタイムアウト。正智深谷は#6が3Pを決め、意地を見せる。しかし、時すでに遅く、99-75、正智深谷は帝京長岡の高さに本来のシュート力が発揮されず、帝京長岡は高さを生かしたオフェンスで会心のゲームであった。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。