JBA

JBA



試合日程・結果

男子2回戦県立松山工業 vs 北陸

試合データ

開催場所 東京体育館D コミッショナー
試合区分 男子2回戦 主審 丸山 淳
開催期日 2014年12月25日 副審 眞榮喜 工
開始時間/終了時間 12:14 / 13:36

ゲームレポート

県立松山工業
61 15 1st 16 88 北陸
6 2nd 24
17 3rd 23
23 4th 25

初戦を大逆転勝利で掴み、勢いある松山工業に対し、昨年ベスト8の北陸が迎え撃つ対戦。

 第1ピリオド、松山工業、北陸ともにマンツーマンディフェンス。最初の得点は松山工業#5上田のドライブからのシュートが決まる。残り7分8-4と松山工業がリードする展開。残り4分北陸#5松山の3Pが決まり逆転に成功。その後拮抗した時間が続く中、残り2分松山工業タイムアウト。北陸#5松山が3Pを決めるとすぐさま松山工業#5上田の鋭いドライブからの得点や#17宮本の3Pが決まるなどお互い一歩も譲らず15-16北陸の1点リードで終える。

 第2ピリオド、北陸が立て続けに得点を重ね、徐々に点差が離れていく、開始5分間でその差が更に離れ16-29としたところで松山工業たまらずタイムアウト。松山工業は#5上田を起点に攻撃を作るも、なかなか得点に結びつかず、一方北陸は勢いのある攻撃を続け21-40とこのピリオド19点差をつけ前半を終える。

 第3ピリオド、北陸はディフェンスを1-3-1のハーフコートゾーンに変更、松山工業は何とか食らいついて行くも点差がなかなか埋まらず反撃の糸口を見いだせない、一方北陸はアウトサイドシュート中心の攻撃でその差を更につけ38-63と大きくリードを奪う。

 第4ピリオド、北陸はインサイドプレイヤーをベンチにさげた布陣、松山工業はフルコートディフェンスを仕掛ける。しかし北陸も相手のミスを誘う激しいディフェンスで手を緩めない。その後メンバーを入れ替えながら戦う北陸に対し、松山工業も必死で離されまいとする。結局最後までその差を埋めることが出来ず61-88で北陸が勝利。
 昨日の大逆転勝利で勝ち上がった松山工業であったが自力で勝る北陸には及ばなかった。北陸は明日のベスト8を賭けた戦いが楽しみである。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。