JBA

JBA



試合日程・結果

男子2回戦県立城東 vs 報徳学園

試合データ

開催場所 東京体育館A コミッショナー
試合区分 男子2回戦 主審 御手洗 亮
開催期日 2014年12月25日 副審 笠島 喜与都
開始時間/終了時間 15:25 / 16:45

ゲームレポート

県立城東
57 16 1st 29 100 報徳学園
11 2nd 30
14 3rd 12
16 4th 29

 第1ピリオドお互いにマンツーマンで始まる。城東リードで試合は進むが、その後は一進一退で8-7。残り6分、報徳の鮮やかなブレイクで逆転8-9となる。その後はやや報徳ペースでゲームが進み8-13とリードを広げる。3分報徳#6金が鮮やかな3Pを決め10-19とリードを広げる。ピリオド終盤、お互いに点の取り合いとなり、16-29で第1ピリオドを終了する。
 第2ピリオド城東はディフェンスをゾーンとマンツーマンとのチェンジングしに変化させボールにプレッシャーをかける。しかし報徳は落ち着いてボールを回し、ゲームをコントロールする。残り8分、#6金のミドルシュートが決まり16-36と20点差をつける。城東はタイムアウトを取ってペースを変えようとするも、報徳の多彩な攻めに翻弄され、5分には18-42と点差は広がる。残り2分、城東は報徳のプレシャーディフェンスに対してミスを連発する。23-50の大差となり、ゲームはそのまま流れて、報徳27-59の大量リードで前半を終了する。
 第3ピリオド先手を取ったのは城東。ミドルシュートとポストプレイで連続得点し、ペース掴む。7分31-59で報徳リード。6分#4明石の速攻が決まり33-59となり、4分間、報徳はノーゴールとなる。5分報徳#5森光が3Pを決め、このピリオド初ゴールとなる。4分城東#4がゴール下でバスケットカウントを貰いフリースローも決め、38-62とする。しかし、報徳も#7中野の3Pで応戦し、点の取り合いとなり、一進一退の攻防が続き41-71で第3ピリオドを終了する。
 第4ピリオドに入って、どちらとも言えないペースで試合は進み、7分、45-77で報徳リード。残り6分ゲームはトランディションの速い大まかなゲーム展開となり、シュート率の高い報徳が徐々に点差を広げ、5分には50-86とし、ほぼ試合を決定づける内容となる。その後、報徳はベンチの控えメンバーを出す余裕を見せ、57-100と大差で勝利を収めた。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。