JBA

JBA



試合日程・結果

男子3回戦報徳学園 vs 船橋市立船橋

試合データ

開催場所 東京体育館C コミッショナー
試合区分 男子3回戦 主審 久保 裕紀
開催期日 2014年12月26日 副審 東条 輝正
開始時間/終了時間 13:19 / 14:40

ゲームレポート

報徳学園
57 15 1st 22 81 船橋市立船橋
14 2nd 20
12 3rd 23
16 4th 16


 ベスト8入りをかけた勝負の一戦、市船からの攻撃で始まる。それをしのいだ報徳#6金が3P を決めるが、市船#8杉田も3Pで入れ返す。その後お互いに3P を決め6-6。市船はリバウンドを頑張り6-10とする。報徳タイムアウト。ペースを掴んだのは市船。市船#7青木のランニングプレイ、リバウンドなどで15-22とリードを作り第1ピリオド終了。
報徳ディフェンス2-3は、市船ディフェンスはマンツーマン、ペースを掴みたい報徳ボールで第2ピリオドスタート。だが市船が#4戸田の3P連続で15-30と離していく。たまらず報徳タイムアウト、残分8。報徳はゴールへ攻めることができず、アウトサイドのシュートミスを連発する。それに反し市船はリバウンドからブレイクにつなげ着実に加点していく。残分4マンツーマンにディフェンスを変えた報徳がパスカットからレイアップ、2連続ゴールで22-32、リズムを掴めそうな場面で市船タイムアウト、残分4。タイムアウトで落ち着きを取り戻した市船が29-42とリードを広げていく。
前半は市船ディフェンスを攻めきれずシュートに行く場面が多く見られた報徳、市船は落ち着いてディフェンスをドライブで崩しながらノーマークでシュートする、というように対照的に終えた。
 第3ピリオド、前半同様報徳のシュートミスから#4のリバウンド、レイアップ、#9岡野の3P、29-47で始まる。残分6で31-51と20点差となる。報徳はメンバーチェンジをしながら打開策を講じるが、市船のペースは落ちず31-56となったところで報徳タイムアウト残分4。リードを広げたい市船はプレスでボールを狙う。報徳も2-2-1から2-3で市船の得点力を削ごうとするが、シュートが入らず。対照的に市船は#4がバスケットカウント1スローを決め37-63。その後報徳連続ゴール41-63にしたところで市船タイムアウト、残り28秒。タイムアウト後市船が確実にゴールし41-65。リードを広げて最終ピリオドへ。
 追いつきたい報徳が2-3で守るも市船#4が落ち着いて3Pを決める。残分8報徳タイムアウト。報徳が1-1-2-1からマッチアップへ変えペースを作り追い上げようとする。市船は大量リードに守られながら24秒を使い切っていく。結果57-82でタイムアップ。
苦しいゲーム展開の中、諦めずにトライし加点していく報徳と自分たちのペースで走り回る市船の対照的なゲームとなった。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。