JBA

JBA



試合日程・結果

男子準々決勝尽誠学園 vs 船橋市立船橋

試合データ

開催場所 東京体育館M コミッショナー
試合区分 男子準々決勝 主審 稲葉 威
開催期日 2014年12月27日 副審 大倉 守正
開始時間/終了時間 14:52 / 16:14

ゲームレポート

尽誠学園
49 11 1st 17 60 船橋市立船橋
14 2nd 15
12 3rd 11
12 4th 17

 オフェンスマシーンこと角野を擁する藤枝明誠を初戦で破った尽誠学園と、高校総体ベスト4の洛南を下した船橋市立船橋、ともにノーシード同士の対戦である。
 第1ピリオド、尽誠3-2ゾーン、船橋マンツーマン。尽誠は#8ライアンのゴール下や#11小谷の3Pで、船橋は#6平良の3Pや#7青木のシュートで得点する。リバウンド力に優る船橋が、やや有利にゲームを展開、終盤に#6や#9岡野が3Pを決め、一歩抜け出す。
 第2ピリオド、船橋は思い切りの良い3Pを放ち、リバウンドも回収して、徐々にペースを掴む。尽誠は、タイムアウト後もアウトサイドシュートが決まらず、5分経過して15点差と苦しい展開。2回目のタイムアウトをとる。その後も固い守りの船橋だったが、尽誠の#6前山に連続3Pを決められると、7点差まで盛り返される。25対32、船橋リードで前半終了。
 第3ピリオド、立ち上がりと同じ、尽誠3-2ゾーン、船橋マンツーマン。船橋は尽誠の厳しいディフェンスに対しても、インサイドをうかがいながら、落ち着いてパスを回し、コーナーから攻撃を仕掛ける。尽誠はアウトサイドシュートが決まらず、ドライブもブロックされ、攻撃の糸口が掴めない。6分過ぎのタイムアウト後、尽誠はディフェンスリバウンドを頑張り、#17山下が3Pを決めると6点差まで挽回する。37対43とロースコアの展開。
 第4ピリオド、船橋は#9の3Pやポスト同士の合わせから得点するが、ミスも重なり尽誠を突き放せない。そんな中、尽誠がバックドアやトレイルからの3Pを決めると反撃ムードになり、残2分で4点差と迫る。しかし船橋に正面から3Pを決められ、最後のオールコートディフェンスもむなしく、逆転には至らなかった。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。