JBA

JBA



試合日程・結果

女子1回戦龍谷富山 vs 山村学園

試合データ

開催場所 東京体育館C コミッショナー
試合区分 女子1回戦 主審 大久保 好純
開催期日 2014年12月23日 副審 藤原 大希
開始時間/終了時間 09:01 / 10:36

ゲームレポート

龍谷富山
36 10 1st 16 79 山村学園
2 2nd 22
12 3rd 21
12 4th 20

 第1ピリオド 龍谷富山2-3ゾーン、山村学園ハーフマンツーマンでスタート。龍谷富山#6林のミドルシュートで先制。山村学園も#5野口の1対1で得点。その後お互いにターンオーバーが続き、4分経過しても2-2のまま。残り3分山村学園の激しいディフェンスからの速攻で山村学園#9山崎がレイアップシュートを決めたところで龍谷富山1回目のタイムアウト。その後交代して入った龍谷富山#15村中がジャンプシュート、ドライブ、ジャンプシュートを3連続で決め、何とか流れを引き戻す。しかし、山村学園#14坂本が終了間際ジャンプシュートを決め16-10山村リードで第1ピリオド終了。
 第2ピリオド 両チームディフェンスは変わらず。開始2分山村学園#5に変えてセンターの#13佐坂を投入。ゾーンに対して高さを生かしたプレイで徐々に点差を引き離す。龍谷富山も3Pで応戦するがなかなかシュートがきまらない。さらに激しいディフェンスからターンオーバーを誘う。#13のリバウンドシュートが決まり31-10と21点差となったところで龍谷富山が2回目のタイムアウト。残り2分を切り龍谷富山#5高山のドライブでようやく得点するが、すかさず山村#13のシュートで取り返す。38-12山村リードで前半終了。
 第3ピリオド 開始から龍谷富山が積極的に攻め、#4米田のドライブで最初の得点。山村学園のカバーリングの早いディフェンスに中をこじ開けることができない。龍谷富山#4がドライブでファウルを誘いフリースロで得点。オールコートマンツーマンでボールを奪いに行くが、山村学園は落ち着いてボールを運び、#9が強いプレイで速攻のレイアップをねじ込む。開始5分、龍谷富山も#4のジャンプシュート、#11西谷の3Pで何とか食らいつく。その後も山村学園は#16永野のジャンプシュートなどで着実に得点を重ね59-24で第3ピリオド終了。
 第4ピリオドに入っても流れは変わらず、山村学園#11渡邉のジャンプシュート、ターンオーバーから#10丸山がレイアップを決める。龍谷富山も#4のボールコントロールから何とか自分たちの攻撃を組み立てるが、山村学園の早い対応に得点ができない。開始5分ターンオーバーから龍谷富山の#5がようやくレイアップを決める。山村学園も#6矢倉、#7萬のミドルシュートで応戦。山村学園のボールマンプレッシャーが強く5秒オーバータイムを取られる。残り3分龍谷富山タイムアウト後、ドリブルスクリーンから#15がジャンプシュートを決める。
 メンバーが変わっても終始激しいディフェンスを続けた山村学園が79-36で勝利した。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。