JBA

JBA



試合日程・結果

女子1回戦県立足羽 vs 県立郡山商業

試合データ

開催場所 東京体育館B コミッショナー
試合区分 女子1回戦 主審 紀伊 孝哉
開催期日 2014年12月23日 副審 橋本 恵一
開始時間/終了時間 12:18 / 20:28

ゲームレポート

県立足羽
84 20 1st 18 83 県立郡山商業
21 2nd 28
21 3rd 24
22 4th 13

 第3試合 足羽対郡山商業はともにハーフコートのマンツーマンディフェンスで始まる。
出だし、足羽#5三木の連続得点と#4長谷川の3Pで先制。郡山商業も#6加藤のドライブで対抗するものの足羽#4の連続得点が決まり残り7分23秒11-2となったところで郡山商業タイムアウト。
その後、徐々に硬さの取れてきた郡山商業のシュートが決まり始め#13小泉の3Pで13-13の同点。お互い譲らず第1ピリオド18-18同点で終了。
 第2ピリオド郡山商業はスクリーンプレイから#5井上がジャンプシュートを決め先手を取る。足羽も#5にボールを集め応戦する。その後足羽#8宮下のバックドアが鮮やかに決まるが郡山商業も#7渡辺の3P、#5のジャンプシュートでリードを奪う。足羽はゴール下にボールを集めるが郡山商業の厚いディフェンスからシュートが決まらない。郡山商業はリズムを掴み#4岡部のドライブや#6の合わせで加点し39-46、郡山商業7点リードで前半終了。
 第3ピリオド、郡山商業#6、#5とカッティングを決める。足羽も#9村井の連続得点で対抗する。しかし、郡山商業#6、#7と3Pが決まった残り5分30秒47-59となったところで足羽堪らずタイムアウト。郡山商業は#15面川のバックドアが決まるが足羽#8がゴール下シュートを押し込み52-62となったところで郡山商業タイムアウト。足羽ディフェンスを前から仕掛けてくる。第3ピリオド60-70郡山商業10点リードで終わる。
 第4ピリオド、足羽は#8が果敢に攻め込み反撃を試みる。足羽#11宮崎から#9へのアシストが決まり、#8のゴール下が決まり、残り7分36秒69-73となったところで郡山商業タイムアウト。その後も足羽#8のリバウンドシュートが決まり2点差に詰め寄る。残り6分30秒足羽#4が痛恨の5ファール。その直後郡山商業#4がジャンプシュートを決めて流れを食い止める。しかし、郡山商業が4ファールとなり足羽がフリースローを沈め再び追いすがる。残り2分36秒足羽#5がフリースローを2本決め81-80足羽逆転に成功。その後も足羽#9がターンシュート決め3点差。しかし、郡山商業#7が3Pを決め再び同点。残り45秒、郡山商業が激しくディフェンスするが、足羽#5がファールを貰う。そのフリースローを1本決め1点リード。残り5秒郡山商業#13が3Pを打つがリングに嫌われ84-83足羽が1点差のゲームをものにし勝ち上がった。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。