JBA

JBA



試合日程・結果

女子1回戦県立宇都宮中央女子 vs 聖和学園

試合データ

開催場所 東京体育館B コミッショナー
試合区分 女子1回戦 主審 向井 和宏
開催期日 2014年12月23日 副審 隈元 ゆみこ
開始時間/終了時間 14:01 / 15:26

ゲームレポート

県立宇都宮中央女子
56 16 1st 15 77 聖和学園
10 2nd 20
13 3rd 25
17 4th 17

第1ピリオド、両チームともにハーフコートマンツーマンディフェンスでスタートする。宇都宮中央の#4吉田ジャンプシュートでゲームが動く中、聖和はなかなか得点が入らずにメンバーチェンジをし、3:30で初ゴール。残り3:54、11-8宇都宮中央1回目のタイムアウト。タイムアウト後、宇都宮中央は3Pで逆転をし、16-15の宇都宮中央女子リードで終了。

第2ピリオド お互いにスクリーンプレイからシュートを狙い、宇都宮中央#7松本のドライブインで得点が動き、聖和は#18阿部の3Pで応戦し、18-22とする。その後、宇都宮中央はメンバーチェンジをして積極的にシュートを狙うが、なかなか決まらずにゲームは進む。残り4:25、24-22宇都宮中央女子のタイムアウト。タイムアウト後、聖和の#15佐々木のジャンプシュートで同点とするが宇都宮中央も2本連続速攻で点差を広げる。その後、宇都宮中央女子は攻めあぐむ中、聖和に走られ35-26聖和リードで前半終了。

第3ピリオド、宇都宮中央は変則ゾーンから#5森山の3Pと#8佐藤のドライブインで得点をし、31-37の6点差とする。聖和はゾーンを攻めあぐみ、宇都宮女子はドライブインで加点し4点差とする。聖和もゴール下の合わせとフリースローで応戦し、残り5:22、43-33の10点差とする。宇都宮中央も積極的にシュートを打つも得点が伸びずに、反対に聖和の速攻から12点差とされ、残り4:40宇都宮タイムアウト。タイムアウト後、宇都宮中央は外角シュートとポストプレイで攻め、#4のゴール下で10点差とするも、聖和は落ち着いてシュートを決めていき、聖和が60-39で終了。

第4ピリオド、宇都宮中央はディフェンスを激しくし、相手のミスを誘おうとするも聖和は落ち着いてゲームメイクをして得点を重ねる。宇都宮中央もシュートを打つも得点に結びつかずに苦しい展開となるが、ゴール下の合わせで41-64となるも聖和もゴール下で得点をし、点差は縮まらない。残り5:43、41-66で宇都宮中央もタイムアウト。タイムアウト後、宇都宮中央女子は3Pで追い上げを狙うが、シュートは決まらずに聖和のペースで進む。宇都宮中央もオールコートディフェンスからプレッシャーをかけ、早い展開で攻め、ジャンプシュートとフリースローで得点をしていくが、最終スコアは77-56の21点差で聖和の勝利。宇都宮中央も最後まで諦めずに、戦い抜いた40分間であった。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。