JBA

JBA



試合日程・結果

女子1回戦県立岡豊 vs 尼崎市立尼崎

試合データ

開催場所 東京体育館D コミッショナー
試合区分 女子1回戦 主審 星野 由貴
開催期日 2014年12月23日 副審 丸山 大
開始時間/終了時間 15:21 / 16:42

ゲームレポート

県立岡豊
62 7 1st 22 76 尼崎市立尼崎
22 2nd 20
18 3rd 17
15 4th 17

 第1ピリオド 両チームともディフェンスはハーフマンツー。最初にボールを保持した市立尼崎#10井上がゴール下を決めると岡豊もすぐに#8岸田がゴール下を決め、続けて岡豊#4窪田がドライブを決める。尼崎は#4加藤のジャンプシュート、#5松崎のリバウンドで返す。数分にわたり互いのミスが続き得点が伸びない。尼崎はハーフマンツーからの激しい当たりでボールをスチールし速攻から得点を重ねリズムをつかむ。残り3分49秒で10-4で岡豊がタイムアウトをとるも流れを変えられず、22-7で第1ピリオド終了。
 第2ピリオドの立ち上がりは岡豊#7大杉の3Pで始まり、尼崎#15藤丸が3Pで返す。岡豊#4が3Pを2本決め流れを引き寄せる。尼崎は#11小野島3P、#14児玉のゴール下で得点を重ね、残り4分25秒、#14の3Pが決まったところで岡豊がタイムアウト。得点は35-19。両者譲らずの攻防が続き、前半は42-29で終了。
 第3ピリオド 尼崎は1-2-2ゾーンディフェンスに変え、#8、#7がゴール下で加点していくが開始3分過ぎに#5が5ファウルで退場。変わった#17が3Pを決め追撃するが、尼崎の#5、#10にジャンプシュートをきっちり決められ得点差が縮まらない。岡豊はゾーンディフェンスで尼崎のオフェンスリズムを崩しに行くが、ヘルプサイドの3Pやジャンプシュート、リバウンドシュートを決められ苦しい状況を打開できないで59-47で2ピリオドが終了する。
 第4ピリオド 尼崎ハーフコートマンツーマン、岡豊1-2-2ゾーンで始まる。岡豊は積極的にシュートを打ち、得点を伸ばそうとする一方、尼崎はリバウンドシュートやジャンプシュートを落とさない。開始4分近くで岡豊タイムアウトを取り、ディフェンスをマンツーマンにチェンジ。一進一退の攻防が続くも、得点差を縮めることができず76-62で尼崎が初戦を飾った。最後までどちらも粘り強く頑張る姿が印象に残った。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。