JBA

JBA



試合日程・結果

女子2回戦常葉学園 vs 八雲学園

試合データ

開催場所 東京体育館A コミッショナー
試合区分 女子2回戦 主審 平 育雄
開催期日 2014年12月24日 副審 鴨志田 和歌子
開始時間/終了時間 09:00 /

ゲームレポート

常葉学園
49 18 1st 18 71 八雲学園
4 2nd 12
13 3rd 21
14 4th 20

 二日目、Aコート第一試合、常葉学園はオールコート、八雲学園はハーフコートのマンツーマンでスタート。常葉#9見崎がジャンプシュートを決め先制。八雲も#6高橋、#4中島がリバウンドからファールを誘いフリースローを確実に決める。その後も常葉は#8篠宮の1対1、#10河合のジャンプシュート、#11柴の連続シュートで点を加え、八雲も#4のゴール下、代わって出た#8曽根川から#6への速攻等で一歩も譲らず18-18で第1ピリオド終了。

 第2ピリオド互いにミスを犯し、4分15分八雲#5佐藤がフリースローを2本決めるまでノーゴール。その後、八雲#4のジャンプシュート、#5の速攻で抜け出す。18-24、4分42秒依然ノーゴールの常葉がタイムアウト。その後も常葉は八雲の高さのあるディフェンスに手を焼きシュートミスを連発。その間、八雲は#5が冷静にシュートを決め22-30、8点リードで前半を終える。

 第3ピリオド、八雲は#8のジャンプシュート、#6のドライブ、#4のジャンプシュートで試合を優位に進める。常葉も#8の3P、#9のドライブ、#10の速攻からジャンプシュートで反撃を試みる。しかし33-44、突破口を見つけたい常葉がタイムアウト。その直後、常葉#9がドライブを鮮やかに決める。しかし、八雲は常葉の激しいディフェンスからファールをもらい流れを渡さない。その後も#4のゴール下、#6の速攻が決まり35-51、八雲16点リードで第3ピリオド終了。

 第4ピリオド開始早々、常葉#4稲葉がルーズボールを粘りゴールを決める。常葉はオールコートからダブルチームを仕掛け、八雲のミスを誘う。しかし八雲はインサイドにボールを集めリズムを崩さない。そして、常葉が速い展開に持ちこもうとするが、逆に八雲#8がスティールし、#7吉田が3Pを決め、点差を広げて行く。その後も八雲は攻める手を休めず#4、#6のゴール下、#7の3Pとカッティングでゴールを積み重ね、43-71になった所で常葉タイムアウト。常葉#8が果敢にドライブでねじ込むが、高さに勝る八雲が要所で力を見せ49-71で勝利した。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。