JBA

JBA



試合日程・結果

女子2回戦東京成徳大学 vs 尼崎市立尼崎

試合データ

開催場所 東京体育館A コミッショナー
試合区分 女子2回戦 主審 窪田 淑子
開催期日 2014年12月24日 副審 一色 渉
開始時間/終了時間 12:05 / 13:25

ゲームレポート

東京成徳大学
82 23 1st 8 42 尼崎市立尼崎
25 2nd 10
19 3rd 19
15 4th 5

 第1ピリオド、東京成徳ハーフコート、市立尼崎オールコートのマンツーマンでスタート。東京成徳#7田中のリバウンドシュートで先制。続いて、#10松本の3P、#6川井のスピンムーブでたたみかける。市立尼崎も#10井上の連続ドライブで応戦する。市立尼崎#5松崎が3Pを決めれば東京成徳#10も3Pを入れ返し一歩も引かない。東京成徳は#10の速攻、#7のターンシュートがバスケットカウントになり、リズムを掴む。第1ピリオド23-8、東京成徳リードで終了。
 第2ピリオドに入り市立尼崎が積極的にダブルチームを仕掛けるが東京成徳#6のドライブ、#10の3P、#7の速攻で勢いが止まらない。その後も攻め続け#5小澤の連続3Pで突き放す。市立尼崎#13黒田がドライブを決めるが46-16東京成徳リードで市立尼崎堪らずタイムアウト。東京成徳のペースのまま48-18で前半終了。
 第3ピリオドも東京成徳#7のターンシュート、#5のこの試合4本目の3Pなどで点差を広げる。市立尼崎は#10のドライブ、#13のジャンプシュートで食い下がろうとするが東京成徳の厚い守りにはばまれ点差を縮める事ができない。残り1分10秒63-35となった所で市立尼崎タイムアウト。終了間際、東京成徳#13沼田がスティールからレイアップを決め67-37、東京成徳30点リードで第3ピリオド終了。
 第4ピリオド市立尼崎はオールコートでダブルチームを仕掛けるが、東京成徳は冷静にボールを運びペースを乱さない。市立尼崎は#10、#11小野島が果敢にオフェンスリバウンドに飛び込み、#12北川がジャンプシュートを決め、踏ん張りを見せる。しかし、東京成徳#15神崎がゲームを巧みにコントロールし、つけ入る隙を与えない。結局82-42で東京成徳が快勝し3回戦に駒を進めた。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。