JBA

JBA



試合日程・結果

女子2回戦明秀学園日立 vs 就実

試合データ

開催場所 東京体育館A コミッショナー
試合区分 女子2回戦 主審 堀内 昌浩
開催期日 2014年12月24日 副審 大久保 好純
開始時間/終了時間 13:39 / 15:03

ゲームレポート

明秀学園日立
64 17 1st 14 62 就実
11 2nd 22
19 3rd 17
17 4th 9

 就実と1回戦を突破した明秀との2回戦の対戦。第1ピリオドは、両チーム共にハーフコートマンツーマンディフェンスでスタート。最初の得点は、就実は#12青木のジャンプシュートと明秀は♯#2後藤の3Pで得点が動く。その後、お互いにシュートを決め残り3分で9-10となる。明秀は#15菊地と#5中尾の合わせでゴール下の得点をし、就実は#7折居のジャンプシュートを入れ返し17-14で終了する。
 第2ピリオドは、就実#7のステップインと#9藤本のジャンプシュートで逆転する。一方の明秀はミスが目立ち、残り7分25秒、17-22で1回目のタイムアウト。タイムアウト後は明秀ボールで始まり、明秀はフリースローの1点で就実は3Pとジャンプシュートで連続得点し20-29の9点差としところで、就実が1回目のタイムアウト。タイムアウト後、両チームシュートが決まらない中、就実は速攻で得点し、残り3分22秒、22-36で明秀が2回目のタイムアウト。その後、明秀は#7岡田のドライブインを決めリズムに乗りかけるが、残り2分7秒、26-36で就実がタイムアウト。タイムアウト後は、明秀が得点し28-36の8点差で終了する。
 第3ピリオドは、お互いに#7を中心にゲームメイクし明秀は#15のポストプレイと#5のシュートで得点し4点差に詰め寄る、就実はフリースローと#12のジャンプシュートで引き離しにかかるが、明秀の#4大井川のパスカットからのドリブルシュートで40-44とし残り3分37秒で就実がタイムアウト。就実は#7のリバウンドシュートとフリースローで7点差とし、明秀は#4がフリースローを2本決め、5点差とするも就実も#5藤原が3Pを入れる。残り20秒で明秀の#7が3Pを決め、47-53の6点差の就実リードで最終ピリオドヘ。
 第4ピリオドは、明秀のスローインでスタートをし、♯15がフリースローを1本決め
48-53となるが、その後は両チーム共にシュートが決まらない。明秀は#5と#15のポストの合わせが思うように行かないが、#7の3Pとゴール下で得点。就実も#11本多がシュートを決め、残り4分53秒、2点差で就実がリードをする。明秀は#7のシュートと#8中野のフリースローで逆転をする。就実も#12のシュートで同点となるが、明秀は#4のパスカットからのドリブルシュートで63-59、残り3分16秒で就実がタイムアウト。タイムアウト後は、就実はミスが目立ち明秀は落ち着いて攻撃し時間を使う。残り1分29秒64-59明秀リードでタイムアウト。その後は、シュートが決まらず残り48秒で就実タイムアウト。その後、#5が3Pを決め2点差とするが、最終スコアは、64-62で明秀が勝利した。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。