JBA

JBA



試合日程・結果

女子2回戦県立足羽 vs 県立湯沢翔北

試合データ

開催場所 東京体育館C コミッショナー
試合区分 女子2回戦 主審 古谷 栄一郎
開催期日 2014年12月24日 副審 比嘉 涼太
開始時間/終了時間 13:47 / 15:15

ゲームレポート

県立足羽
85 16 1st 21 74 県立湯沢翔北
16 2nd 14
29 3rd 22
24 4th 17

第1ピリオド
 両チーム、マンツーマンディフェンスでスタート。足羽#5三木のゴール下で先行。湯沢翔北#4阿部のジャンプシュートで追いかける。湯沢翔北は#4の3Pやジャンプシュートでリードしたが、足羽#4長谷川の3Pや#13小林のジャンプシュート、#11宮崎のスティールからのシュートで逆転する。しかし、湯沢翔北は#11加藤(舞)のシュートで同点とする。お互いフリースローなどで加点し、一進一退でゲームは進む。湯沢翔北#4の3P2本やジャンプシュートで16-21とし、湯沢翔北が逆転、リードして第1ピリオドを終える。

第2ピリオド
 開始2分、足羽は#10梶川のドライブや#5のフリースローで同点にし、更に#8宮下・#5で加点し4点リードとする。足羽の高さが効いている。湯沢翔北は4分間ノーゴールだったが、残り4分で#8宮野の3連続ゴール下、#4の3Pで逆転。その後足羽は、#10のゴール下・#5のジャンプシュートで加点する。一方、湯沢翔北は#4のナイスアシストから#7加藤(杏)のゴール下などで加点する。さらに、24秒ショットクロックの時間がわずかとなり放った#6佐々木の3Pが決まり、32-35、湯沢翔北のリードで前半を終える。

第3ピリオド
 足羽は#8・#9村井で加点、湯沢翔北は#6の3Pや#8で加点し競り合っている。5分経過すると、湯沢翔北のミスから足羽が速攻などで得点し、8点リードする。湯沢翔北はタイムアウトをとり、オールコートでディフェンスを仕掛け、ハーフコートではゾーンにする。足羽のミスからフリースローなどで加点し、湯沢翔北は3点差に詰める。足羽は#4の3Pや#11の速攻などで加点し、4点リードで第3ピリオドを終える。

第4ピリオド
 湯沢翔北は#7・#4の連続ゴール下で逆転するが、足羽も#8・#5がゴール下を入れ返し、再度逆転。更に#9がゴール下を決める。5分経過すると、湯沢翔北は#6のバスケットカウント、#9柴田のジャンプシュートで同点に追いつく。しかし、ここで足羽の高さが効いてくる。足羽#9の連続ゴールや#4の連続3Pで、残り2分、足羽が10点リードとする。湯沢翔北も#4のシュートなどで粘るが、足羽の#8の連続ゴールで突き放し、ベンチメンバーを起用する。湯沢翔北も小さいながらよく粘ったが、85-74で終了。高さで優位の足羽が勝利を収めた。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。