JBA

JBA



試合日程・結果

女子3回戦山村学園 vs 八雲学園

試合データ

開催場所 東京体育館B コミッショナー
試合区分 女子3回戦 主審 安富 朗
開催期日 2014年12月25日 副審 武藤 陽子
開始時間/終了時間 09:00 / 10:27

ゲームレポート

山村学園
67 24 1st 21 75 八雲学園
12 2nd 14
23 3rd 21
8 4th 19

 1回戦から順当に勝ち進んだ山村学園と、高さで常葉学園を圧倒した八雲学園のベスト8進出をかけた関東同士の対決。
 第1ピリオド 両チームともにマンツーマンディフェンスでスタート。八雲#6高橋の3Pで先制。八雲は高さを活かし、#6や#4中島を中心に加点していく。対する山村は#5野口の1on1や#14坂本、#11渡邉のシュートで応戦する。その後はお互いに点の取り合いとなり一進一退の攻防が続く。24-21山村リードで第1ピリオド終了。
 第2ピリオド 八雲は#7吉田が2本連続の3Pを決めると、対する山村も#11のジャンプシュート、さらに#14が3Pシュートを沈め、お互いに一歩も譲らない。残り6分、両チームともにシュートが落ち始め、激しいリバウンド争いが続く。残り3分、山村は#13佐坂のジャンプシュート、#9山崎の3Pが決まり36-30と点差を広げる。しかし、八雲も#4のフリースローと、#6高橋がゴール下で踏ん張りを見せ、36-35山村1点リードで前半終了。
 第3ピリオド 後半もお互いに一歩も譲らない点の取り合いとなる。山村は激しいディフェンスから#14の3P、#10丸山のレイアップシュート、#13のシュートで加点していく。対する八雲は#4、#5佐藤、#6を中心にシュートを決め、引き離されまいと必死に食らいつく。残り3分、お互いにミスが多くなり、苦しい時間帯が続く。59-56山村リードで運命の最終ピリオドへ。
 第4ピリオド なんとか追いつきたい八雲だが、山村の激しいディフェンスを前になかなか追いつくことができない。残り6分、63-58山村リードで八雲タイムアウト。八雲は#4から#5へのハイロープレイ、#6のゴール下で落ち着きを取り戻し、さらに#9梅木がここで待望の3Pを沈め、残り3分で65-65と同点。残り2分、八雲#6が2本連続でジャンプシュートを沈め、67-69と八雲がついに逆転に成功する。その後も八雲の勢いは止まらない。#7が2本連続でシュートを決め、残り1分67-73と点差を広げる。ここで山村はたまらず2回目のタイムアウト。山村は必死に追いかけるが、八雲の高さに阻まれシュートが決まらず、無念のタイムアップ。67-75で八雲が熱戦を制し、ベスト8進出を決めた。最後の最後まで必死にコートを走り回った両チームの選手に拍手を送りたい。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。