JBA

JBA



試合日程・結果

女子3位決定戦聖カタリナ女子 vs 安城学園

試合データ

開催場所 東京体育館M コミッショナー
試合区分 女子3位決定戦 主審 岩木 太郎
開催期日 2014年12月28日 副審 中嶽 希美子、緒方 崇
開始時間/終了時間 10:02 / 11:16

ゲームレポート

聖カタリナ女子
71 19 1st 10 47 安城学園
15 2nd 23
13 3rd 4
24 4th 10

接戦の末惜しくも決勝進出を逃した聖カタリナ女子と、初のベスト4入りを果たした安城学園の3位決定戦。

 第1ピリオド、両チームともにハーフコートマンツーマンでスタートする。カタリナは昨日の勢いが続いているかのように、#13細貝の連続得点など気持ちよく点を取る。一方安城はカタリナのマンツーマンに対して攻めあぐみ、重たいオフェンスになる。安城はタイムアウトの後、#5アイメレクの得点で何とかついていく。19-10、カタリナリードで第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、安城#5が存在感を示す。3Pや1on1等で効果的に得点し、ディフェンスでもリバウンド等でカタリナのインサイドを封じる。安城#5の4本目の3Pが決まり25-25となり、カタリナがタイムアウトを取る。カタリナはディフェンスを2-3ゾーンに変え、安城#5を止めに行く。カタリナは#7篠原の1on1で点を取り、なんとか安城のリードを許さない。終了間際、安城#4山口の3Pが決まる。34-33カタリナリードで前半終了。

 第3ピリオド、カタリナは安城#5のマークを#6木村から#7に変える。すると安城#5の得点が止まり、カタリナの流れとなる。カタリナ#7、#5曽我部のレイアップ等で得点を重ねる。一方の安城はカタリナのマンツーマンを攻めあぐみ、このピリオド4点に終わる。47-37、カタリナリードで第3ピリオド終了。

 第4ピリオド、安城はフルコート2-2-1ゾーンプレスを仕掛けるも、カタリナのガード陣は乱れず、第3ピリオドの流れが続く。カタリナは#13の得点でリードを伸ばしていく。安城は残り5分45秒でタイムアウトを取り、#5の3P等で得点するが、流れを変えることが出来ず、後半を制したカタリナが71-47で勝利した。今大会を大いに盛り上げた両チームの健闘を讃えたい。

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。