JBA

JBA



試合日程・結果

女子決勝戦桜花学園 vs 昭和学院

試合データ

開催場所 東京体育館M コミッショナー
試合区分 女子決勝戦 主審 清水 幹治
開催期日 2014年12月28日 副審 片寄 達、須黒 祥子
開始時間/終了時間 12:13 / 13:39

ゲームレポート

桜花学園
72 15 1st 10 67 昭和学院
18 2nd 15
22 3rd 14
17 4th 28

 高校総体・国体に続く3回目の決勝対決となったウィンターカップのファイナルは、第1ピリオド、両チームハーフコートマンツーマンディフェンスでスタート。桜花#5上田のドライブで先行。昭和は#12赤穂さくらのフリースローで入れ返す。桜花は#15馬瓜・#7加藤のハイローで攻め、昭和は#12にボールを集めるが得点にならない。その後桜花は#7・#15で得点し、昭和は#8赤穂ひまわりのジャンプシュートや#10水野のフリースローで得点する4分経過6-5、ロースコアの展開となる。5分の時に桜花#4高辻の3Pが来て、9-5桜花リード。お互いシュートが決まらない展開となるが、桜花#15・#9遠藤が連続得点するとやっと昭和#7山本由真に3Pが来て残り2分13-8となる。残り1分昭和#10がゴール下を決める。桜花#15がジャンプシュートを決め15-10桜花リードで終了。
 第2ピリオド、桜花#7のリバウンドシュートで先行し、#15のドライブ・#5のスティールからのシュートで連続得点し11点リード。昭和たまらずタイムアウト。やっと#9山本加奈子に3Pが来るが、桜花#5のドライブや#7のゴール下で加点する。昭和#10にも3Pが来るが単発でしかない。昭和は#12をベンチに下げ、#10で攻めるが桜花#7にジャンプシュートを決められ、#12を戻す。桜花は#4のドライブで加点し昭和は#6渡部で入れ返すが、残り3分半、桜花10点リード。桜花は#15のジャンプシュート、昭和は#8・#12に連続シュートが来る。残り1分6点差に追い上げるが、桜花#6若原が落ち着いて決め33-25桜花リードで前半終了。
 第3ピリオド、桜花#5・#7の連続シュートで先行、昭和#8の3Pで追いかける。4分、昭和#9のスティールからの連続シュートで5点差に迫るが、桜花は#7のフリースローや#4のジャンプシュート、#6の3Pで入れ返し、残り4分桜花9点リード。ここで昭和#12に3Pが来るが、桜花は走り、#6の連続シュートで10点差に戻す。その後桜花は#5の連続得点や#7のジャンプシュートで加点し、55-39桜花リード。
 第4ピリオド、昭和#8のフリースローで先行、しかし桜花は#7のドライブで入れ返す。昭和も#8の3Pや#12の久々のゴール下で加点するが、桜花は#6・#5の力強いジャンプシュートで応戦する。4分経過桜花16点リード。ここで昭和タイムアウト。#12が得点し、オールコートにディフェンスを仕掛けるが、桜花落ち着いて#15・#4で加点するが、残り4分23秒桜花#15ファールアウト。#10脇投入、昭和#8が連続シュートし、#12がバスケットカウント、11点差に迫る。桜花タイムアウト。その後昭和#12がチームファールフリースローを貰い9点差に追い上げる。続いて#6がジャンプシュートを入れ、7点差に詰める。桜花も#10がフリースローを決め9点差に戻す。その後昭和は#12がフリースローを決め、ディフェンスの当たりが強くなるが、残り1分、昭和#7に3Pが来て5点差に詰めるがここまでの頑張りで終了。桜花が72-67で三冠達成!

試合日程・結果

12月23日(火・祝)

男子1回戦/女子1回戦

12月24日(水)

男子1回戦/女子2回戦

12月25日(木)

男子2回戦/女子3回戦

12月26日(金)

男子3回戦/女子準々決勝

12月27日(土)

男子準々決勝/女子準決勝

12月28日(日)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦

12月29日(月)

男子決勝・3位決定戦

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

ウインターカップ2014の取材申請受付は終了しました。